3つのポリシー

アドミッションポリシー

保育学科では次のような人を求めています。

  1. 高等学校までに履修する教科の内容を広く理解している人。
  2. 子どもが好きで、保育と幼児教育について興味・関心を深く持ち、将来保育士や幼稚園教諭など子どもと関わる分野で活躍したいという熱意のある人。
  3. 日常のさまざまな出来事に興味・関心を持ち、研究心旺盛な人。
  4. 他者と積極的にコミュニケーションをとり、協調してものごとに取り組む態度が見られる人。

カリキュラムポリシー

保育学科では到達目標を実現するために、次の方針のもとに教育課程を編成し、きめ細やかな履修・学修指導を行っています。

  1. 教育職員免許法施行規則と児童福祉法施行規則に定める科目を中心にカリキュラムを編成し、子どもの成長や発達についての理解、保育者に求められる専門的な知識・技術及び倫理の修得を図る。
  2. 最新の保育・幼児教育・子育て支援の動向に対応し、また保育者に求められるスキルをより深化・拡充させるものとして社会福祉主事任用資格、認定ベビーシッター資格、児童厚生二級指導員資格、レクリエーション・インストラクター資格、公認障がい者スポーツ指導員資格の取得を可能とし、より広い視野と見識を育成する。
  3. 「総合演習Ⅰ~Ⅳ」は卒業必修科目として位置づけ、問題発見、論理的思考、課題解決の能力を育成する。
  4. 実習の事前指導・事後指導を重視し、実り多い実践力が身につくよう支援する。

ディプロマポリシー

本学科では、卒業までに身につけることとして以下に挙げることを求めます。所定の単位を修めた学生は卒業が認定され、短期大学士(保育)の学位が授与されます。

  1. 社会人としての豊かな教養を備え、本学の教育上のモットーである「礼節」「自律」「共生」を体現し、円滑な対人関係を構築できること。
  2. 自身を振り返り省察し、ものごとを探求し続ける姿勢を有すること。
  3. 保育に関する専門的知識及び技術を身につけ、保育者としての責任感と倫理観をもって実践的な力を発揮できること。
  4. 他者に配慮し、他者との協働の中で自らの役割を見出し社会に貢献すること。