資格

あなたの専門性を世に示すライセンス

保育学科は専門職養成を担う機関として、文部科学省より教員養成課程の、厚生労働省より保育者養成機関の指定を受けています。
本学科で必要単位を取得することにより、該当の免許・資格の取得が可能です。

幼稚園教諭二種免許
幼稚園の先生に!
保育士資格
保育園の先生に!
社会福祉主事任用資格
市町村の社会福祉主事に!
児童厚生二級指導員
児童館学童保育職員に!
認定ベビーシッター資格
ベビーシッターに!
レクリエーションインストラクター
レクのリーダーに!
障害者スポーツ初級指導員
障害者のスポーツの指導者に!

保育学科では、厚生労働省が平成20年に示した新待機児童ゼロ作戦に基づき、新しい時代の保育として位置づけられる技能の育成を期して、これに対応する資格の取得を可能にしました。
中には全国や西日本でも数少ない養成を行っている資格もあります。
時代に対応した能力を身につけ、その証を有することは、就職・職能開発についても大きな力となるでしょう。

進路状況

卒業生は保育園・幼稚園をはじめ、施設、病院、一般企業でも活躍しています。
また、宇部フロンティア大学をはじめ、4年生大学の福祉・教育系学部3年次へ編入する学生もいます。

就職先一覧(平成23~25年度)

保育園(所)
秋穂保育園、あおい保育園、エミール保育園、小羽山保育園、勝山保育園、木の実保育園、厚南保育園、琴崎保育園、西福寺保育園、小波保育園、下津保育園、新神原保育園、真珠保育園、新生保育園、青藍会、玉祖保育園、大学院幼稚園、津布田保育園、貞源寺保育園、でしまつ保育園、同朋福祉会、波木保育園、(株)日本保育サービス、東保育園、東割保育園、ひまわり保育園、ぱんだ保育園、姫井保育園、藤山保育園、船木保育園、法泉寺保育園、湯田保育所、やよいが丘保育園、(株)夢の星、吉則保育園、るんびに保育園、れんげ保育園、和光保育園
幼稚園
宇部フロンティア大学付属幼稚園、小羽山幼稚園、恩田幼稚園、光華幼稚園、西円寺幼稚園、聖和幼稚園、真珠幼稚園、末光幼稚園、たちばな幼稚園、明光幼稚園、原中央幼稚園、船木幼稚園、美和台幼稚園
福祉施設
小野田陽光園、鹿野学園、共楽養育園、光栄会、このみ園、(合)サポートセンター、山陽小野田市社会福祉事業団、清光園、つくし園、なかべ学院、南風荘、防府市社会福祉事業団、穂波学園、山口育児院、吉敷愛児園子ども発達支援センター愛
老人施設
宇部あかり園、神原苑、青藍会、同朋福祉会、むべの里
一般企業
おりたりゅうじ歯科医院、(株)JTB中国四国、西部石油(株)、日本化薬(株)厚狭工場、(株)広島リバーサイドホテル、(株)ヤクルト山陽プティット事業

主な進学先(平成23~25年度)

 大阪外語専門学校

保育園(所)・幼稚園を中心に、幅広い子育て支援のニーズに対応できる専門職を目指します。40年以上の保育者養成の伝統に裏付けられた実績と、幼児教育・保育・福祉にわたる豊かな教育教育内容とが、保育と福祉の分野における多様で豊かな進路選択を可能にします。

学生の声

先生との距離の近さを実感!一緒に頑張れる仲間もいます

保育学科
金子 結さん

  • 山口県新南陽高等学校出身

圏内で唯一取得できる資格があること、オープンキャンパスに参加した時に、学校の雰囲気が良く、先生・先輩との距離の近さを感じたことから、本学への入学を決めました。
 入学後、実際に大学生活がスタートすると、授業でわからない点は質問しやすく、何か相談事があるときはとても話しやすく、先生との距離の近さを実感しています。
先生方は何事も親身に考えてくれ、優しく、時には厳しく指導してくださいます。また、思っていた以上に取得できる資格が多く、本学を選んで本当に良かったと感じています。
友達ともすぐに打ち解けられ、一緒にご飯を食べたり、空き時間にはおしゃべりをしたりと、楽しく過ごしています。また、同じ夢を持った仲間たちなので結束も強く、お互いに励まし合いながら勉強に打ち込めています。プライベートでは、子育て支援サークルに所属し、ボランティア活動にも積極的に参加しています。いろんな子どもたちとふれあうことは、私にとって夢を叶えるための糧となっています。
 将来は、自分の意志をきちんと持ち、保護者や先生から信頼される保育士になるのが目標です。保育士を目指す方、子どもが大好きな方、私たちと一緒に夢に向けて頑張りましょう。


付属幼稚園があるからこそ、子どもをより知ることができる

保育学科
松永 麻緒さん

  • 山口県宇部フロンティア大学付属香川高等学校

高校入学前から保育士を目指し、高校でも保育科に在籍していました。その夢を叶えるため、たくさんの資格が取得でき、先生方や先輩方の雰囲気が良く、とても楽しそうだった本学への入学を決めました。本学の魅力は、宇部フロンティア大学付属幼稚園への実習・早朝実習などで、日頃の幼稚園の様子を観察できる機会が多いところです。
 子どもたちを身近に感じられ、いろんなケースを知ることができ、実践的な知識を得ることができています。
 実習以外では、子どもが喜ぶ遊びを通じて人間関係を築いているのかなど、興味深い学びがいっぱいです。また、先生方はみんな元気良く、相談しやすい方ばかりです。
 短大は2年しかなく、授業や実習がとても忙しいです。しかし、1日1日がとても充実しており、同じ夢を目指すからこそ友情も深まります。いつも一緒にいて、たくさん話したり、笑ったり、助け合ったり…心から親友と思える仲間に出会えますよ!
将来の目標は、たくさんの人に笑顔になってもらえる、明るく元気な保育士です。常に自信を持って、前向きに物事を考えられる、そんな保育士でありたいです。

卒業生の声

子どもたちの笑顔のために教育者としてもっと成長したい。

学校法人 信望愛学園 下関天使幼稚園
真浦 秀樹さん

  • 平成18年度卒業
  • 山口県下関第一高等学校出身

中学生の頃から保育士に憧れ、資格取得のために本学へ入学しました。子どもについての基礎を学べたのはもちろん、教育の原点となるものも学べ、とても大きな実りとなりました。
本学の最も大きな魅力は、学生一人ひとりを見つめ、優しく指導してくださる熱心な先生方の存在です。尊敬できる先生に出会え、学べたことに感謝しています。勉学以外にも、今の仕事に役立つ経験をたくさんしました。
例えば学園祭では、多くの人の前に出て話すこと、みんなをまとめることを学びました。保育士となった今、クラスの園児や職員の前などで話す機会が多々あり、その度にこの経験が生かされているなと感じます。
現在は、フリーとしてクラス補助をするほか、絵の教室の担当として指導もしています。憧れの保育士になれた私の次なる目標は、保育の現場でもっと自分を磨き、子どもともっと寄り添える教育者になることです。本学には色々なことにチャレンジできる土台があります。きっとあなたの未来を切り拓いてくれますよ。


子どもたちとふれあえる職場で“尊敬される人”を目指しています。

社会福祉法人 清光園
矢儀 有沙さん

  • 平成23年度卒業
  • 山口県宇部フロンティア大学付属香川高校出身

幼い頃から保育士に憧れていたので、高校から保育の専門科に進学し、資格取得のために姉妹校である本学に入学しました。
本学は、付属幼稚園での早朝掃除など子どもたちとふれあう機会が他校に比べ多いほか、ピアノの練習には一人で個室を借りられるなど、環境にとても恵まれています。先生方は質問に対してとても丁寧に答えてくださり、雑談を含め、さまざまなことに耳を傾けてくださりました。
児童養護施設の職員になったきっかけは、学びの中にあります。勉強をしていくにつれ、「保育士=保育園」ではなく、色々な職場があることを知ったからです。中でも興味深かったものが現在の仕事となり、今では子どもの日々の生活を見ています。まだまだ経験不足ですが、尊敬される人になるため、日々切磋琢磨しています。
とても短い2年間ですが、学ぶことはたくさんあります。精神的にも体力的にも辛いことはありますが、友達と一緒に乗り越えることで人間的にもきっと成長できますよ。夢に向かって頑張って下さい。

3つのポリシー

平成29年3月2日策定  平成29年4月1日施行

 

ディプロマポリシー

基本方針

 保育学科では、「人間性の涵養と実学の重視」という建学の精神に基づき、「礼節」「自律」「共生」を旨として自身を厳しく律しながら、保育・福祉・教育の視点から、専門資格の深い知識と技能を、子ども・保護者の側に立って活用し、考え、行動できる人材を育成します。


1.知識・理解
    • 保育の本質と目的について理解している。
    • 保育に関する基本的知識を修得している。
    • 子どもの成長と発達に関する知識を理解している。
2.汎用的技能
    • 保育内容をふまえた基本的な表現技術を適切に用いることができる。
    • 子どもへの適切なあそびや養護の技術が身についている。
3.態度・志向性
    • チームワークを大切にし、他者と協調・協働して行動できる。
    • 自身を振り返り省察し、ものごとを探求し続ける姿勢が身についている。
4.統合的な学習経験と創造的思考力
    • 子ども一人ひとりの生活や発達過程に応じた援助を考えることができる。
    • 保育者としての責任感と倫理観をもって行動することができる。

カリキュラムポリシー

基本方針

 保育学科では、ディプロマポリシーに掲げる能力を身につけるため、次の方針の下に教育課程を編成し、きめ細やかな履修・学修指導を行います。


1.教育課程の編成
    • 初年次教育を重視し、1年次を中心に、豊かな人間性を養う礎となる、キャリア、健康スポーツ、外国語など幅広い分野にわたる教養教育科目を設ける。
    • 1年次の教養教育必修科目に「大学入門」、「キャリアデザイン」を開講して、大学での学習方法、社会人基礎力、職業意識の形成や就職活動の方法について修得させる。
    • 教育職員免許法施行規則と児童福祉法施行規則に定める科目を中心にカリキュラムを編成し、子どもの成長や発達についての理解、保育者に求められる専門的な知識・技術及び倫理の修得を図る。
    • 最新の保育・幼児教育・子育て支援の動向に対応し、また保育者に求められるスキルをより深化・拡充させるものとして社会福祉主事任用資格、認定ベビーシッター資格、児童厚生二級指導員資格、レクリエーション・インストラクター資格、公認障がい者スポーツ指導員資格の取得を可能とし、より広い視野と見識を育成する。
2.学修方法・学修過程
    • 「総合演習Ⅰ~Ⅳ」は卒業必修科目として位置づけ、問題発見、論理的思考、課題解決の能力を育成する。
    • 実習および実習の事前指導・事後指導を重視し、保育現場の役割・機能や子どもの現状、保育の展開方法を体験的に学ぶことで、保育者としての実践力が身につくようにする。
3.学修成果の評価
    • 成績評価にあたっては、シラバスに明示した各科目の到達目標、評価項目および評価基準にもとづき、各科目に適した評価方法を用いて公正かつ総合的に行います。

アドミッションポリシー

基本方針

 保育学科では、ディプロマポリシー及びカリキュラムポリシーに示す内容を達成するために、以下に示す学生像を求め、入試選抜・入学前教育を実施します。


1.求める学生像
    • 高等学校までに履修する教科の内容を広く理解している人。
    • 日常のさまざまな出来事に興味・関心を持ち、研究心旺盛な人。
    • 子どもの保育や幼児教育について興味・関心を深く持ち、将来保育士や幼稚園教諭など子どもと関わる分野で活躍したいという熱意のある人。
    • 他者と積極的にコミュニケーションをとり、協調してものごとに取り組む態度が見られる人。
2.入試選抜

 本学科で求める学生像を、推薦入試、AO型入試およびAO型社会人入試においては面接と書類審査、一般入試では学力試験と面接、書類審査において確認します。



3.入学前教育

 大学教育を受けるのに必要な基礎的能力の向上のため、入学予定者に課題を与え、その提出を求めます。または入学までに学習しておくべき内容を提示します。