資格

食物栄養学科で取得できる資格

栄養士
栄養士養成施設のみで取得できる国家資格。厚生労働省が定めた所定の単位を取得し申請することで、卒業と同時に栄養士免許が授与されます。食事を通して人々の健康や命を支える仕事です。
フードスペシャリスト
日本フードスペシャリスト協会が認定する資格で、指定科目を履修し認定試験に合格することで取得できます。生活者・消費者 の視点から取り組む“食産業分野の専門家”で、食品に関する幅広い知識を見に漬けることで、卒業後の活躍の場が広がります。
フードコーディネーター3級(山口県内では本学でのみ取得可能)
日本フードコーディネーター協会が認定する資格で、指定の科目を履修することで取得できます(本学で学ぶことで、協会認定試験は免除されます)。食文化、デザイン、経営、科学などを総合的に学ぶことで、食に関わる事柄を総合的にプロデュースする資格です。

進路状況

あらゆる人々が健康で豊かな生涯を送るために「食」のプロフェッショナルとして貢献していく 

人生のスタートである乳幼児期から始まり、成人や高齢者、あるいはスポーツマンまで 個人個人に応じた適正な栄養補給の知識と技術を学びます。

就職・進学支援システム

あなたとの夢をしっかりと応援する学科独自のサポート体制

食物栄養学科ではマナー講座を始め、職業理解のための講話などで就職活動について学科独自の就職支援体制をとっています。職業理解のために、様々な職場で活躍している卒業生を招いて業務内容の紹介や仕事に対する姿勢などについて話をしてもらい、進路決定の指針となるように、また就職活動の方法と実際を理解するために、2年生の就職活動報告会を開催し、後輩の就職活動が円滑に進むよう助言してもらっています。その結果、就職希望者が毎年100%近く内定していることは、本学科の誇りとするところです。 進学については、個別に学生の進路希望にそった受験指導など、きめ細やかな指導を行なっています。

就職実績(平成25~27年度)

病院関係
阿知須共立病院、高嶺病院、徳山中央病院  他
老人福祉施設
宇部あかり園、神原苑、恵光苑、長寿園、白松苑、豊寿会、むべの里、山口向陽会、ライフケア高砂 他
保育園(所)・幼稚園
大海保育園、木の実保育園、錦江第二保育園、聖母園、貞源寺保育園、姫井保育園、藤山保育園、法泉寺保育園、右田保育園、
給食会社
栄食メディックス(株)、エームサービスジャパン(株)、シダックス(株)、ジャパンフード(株)、(株)ナリコマエンタープライズ、西日本医療サービス(株)、日清医療食品(株)中国支社、(有)ピーエス興産、(株)ベネミール 他
食品・製造関係
(株)クックチャムプラスシー、(株)ジー・テイスト、日本果実工業(株)他
一般企業
コダマ健康食品(株)、(株)サマンサタバサジャパンリミテッド、(株)ジー・テイスト、(株)ジーユー、たかい歯科・矯正クリニック、(株)ティエラコルム、デルタ工業(株)、西中国信用金庫、のぐち動物病院、(株)ハローネット、(株)ヒューマンウエイブ、山口宇部農業協同組合、山口市社会福祉協議会、山口ダイハツ販売(株)、山口トヨタ自動車(株)、山口日産自動車(株)、山下歯科医院、(株)ライジング、(株)ワールドストアパートナーズ 他

主な進学先(平成25年~27年度)

九州栄養福祉大学、くらしき作陽大学、中国学園大学、東亜大学 他

学生の声

栄養士免許取得を目指して頑張っています

食物栄養学科
鮎川 朱里さん

  • 山口県防府西高等学校出身

将来の夢は、栄養士免許を取得して福祉施設か保育園の栄養士になることです。そのため、日々勉強に頑張っています。高校まで料理をしてこなかったので、入学する前は大変不安でした。しかし、講義では調理学や栄養学などの基礎知識、実習では栄養士に必要な技術を一からバランスよく学ぶことができ、不安は消えました。夢の実現を目指して、これからも努力を続けたいと思います。


勉強とスポーツを両立させ、充実した学校生活です

食物栄養学科
 古原 響さん

  • 山口県宇部フロンティア大学付属香川高等学校

高校の時から料理や栄養について興味を持ち、宇部フロンティア大学短期大学部に入学しました。将来は福祉施設の栄養士として働きたいと思っています。料理の作り方や知識、調理技術を学ぶ一方で、人の役に立ちたいと思い、学生会やクラスの副委員としても活動しています。さらにバスケサークルにも加入と、勉強とスポーツを両立しながら頑張っていきたいと思います。

卒業生の声

食を通じて、命の大切さを伝えていきたいです。

社会福祉法人 真珠保育園 栄養士
松永 佳央理さん

  • 平成25年度卒業
  • 山口県厚狭高等学校出身

保育園の栄養士として給食や食育に取り組んでいます。「今日の給食はなあに?」と楽しみにしてくれている園児の期待に応え「おいしかった!」と笑顔で言われるとやりがいを感じます。短大は講義、実習、実感と栄養について学び人と人との関わりの大切さを知りました。また私は国際現地研修として韓国に行き異文化に触れたり、国体の山口県大会ではボランティア活動をしたり、藤香祭では茶道部でおもてなしをするなど様々な有意義な体験ができました。親身になって支えて下さる先生方には今でも感謝しています。食に関わり、栄養バランスを考え、季節ごと旬のものをいただくこと、行事に合わせた料理をこれからもずっと作り続けて「命の大切さ」を伝えていく一人であり続けたいと思っています。


頼られる栄養士を目指したい!

医療法人 協愛会 阿知須共立病院
 久冨 好美さん

  • 平成18年度卒業
  • 山口県宇部西高等学校出身

念願かなって管理栄養士になりましたが、まだまだ勉強の日々。介護食(ソフト食)を考案したり、メニューコンテストにも応募しています。今後は多くの患者様から信頼され、頼られる栄養士になること、そして栄養指導や栄養管理業務が一人前にできることが目標です。学生時代の一番の思い出は、給食管理実習で献立から調理、提供まで全て学生達で行ったことでしょうか。班の皆と協力して、市場調査を行い、仕入れから全ての工程を行った時の苦労と達成感は今も忘れられません。また調理のテストで、大根のかつらむきやアジの三枚おろしを頑張ったことも懐かしい思い出です。学生時代のレシピは今でも参考になっており、レシピを見ると当時が鮮やかによみがえります。

3つのポリシー(教育方針)

平成29年3月2日策定  平成29年4月1日施行

 

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

基本方針

 食物栄養学科では、「人間性の涵養と実学の重視」という建学の精神に基づき、「礼節」「自律」「共生」を旨として自身を厳しく律しながら、栄養と食の視点から、専門資格の深い知識と技能を、相手の側に立って活用し、考え、行動できる人材を育成します。


1.知識・理解
    • 人の生の営みが自然の恩恵の上に成り立っていることを理解し、自分以外の他者や自然に対して、感謝の気持ちを持つことができる。
    • 栄養士として必要な「社会生活と健康」、「人体の構造と機能」、「食品と衛生」、「栄養と健康」、「栄養の指導」、「給食の運営」に関する専門教育科目の知識と技能が身についている。
    • 食品の栄養成分や調理特性、機能性や安全性など食品に関する幅広い知識と技能が身についている。
2.汎用的技能
    • 栄養士として働くにあたって必要な技能と応用力(献立作成、調理及び給食管理など)が身についている。
    • 対象者のライフステージや身体状況に応じた健康づくり支援をすることができる。
    • 食品の流通や安全性、並びに食品成分の栄養特性や機能性などの食品に関連する基本的実験技能が身についている。
3.態度・志向性
    • 人と積極的にコミュニケーションを図り、協力して作業に取組み、計画を進めることができる。
    • 食の専門家であり続けるために、生涯にわたって新しい知識と技能を身につけながら、自己の資質向上に努めることができる。
4.統合的な学習経験と創造的思考力
    • 幅広い専門教育科目を学習することによって得た知識や技能を基に、主体的な研究活動やフィールド調査に取り組み、その結果をまとめることができる。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

基本方針

 食物栄養学科では、ディプロマポリシーに掲げる能力を身につけるため、次の方針の下に教育課程を編成し、きめ細やかな履修・学修指導を行います。


1.教育課程の編成
    • 初年次教育を重視し、1年次を中心に、豊かな人間性を養う礎となる、キャリア、健康スポーツ、外国語など幅広い分野にわたる教養教育科目を設ける。
    • 1年次の教養教育必修科目に「大学入門」、「キャリアデザイン」を開講して、大学での学習方法、社会人基礎力、職業意識の形成や就職活動の方法について修得させる。
    • 栄養士法施行規則に定められている教育内容と単位数を満たす科目に加え、食の専門家として必要な最新の知見と技能を養うための体系的なカリキュラム編成とする。
    • 栄養士としての実践力、社会人としての社会力を養うために、学外活動等で地域や学外他組織との連携を図り、知識と技能を身につけることのできる実学を重視したカキュラム編成とする。
    • 専門教育の理解、学習成果については、全国栄養士養成施設協会「栄養士実力認定試験」の評価結果により、栄養士として必要な知識・技能を段階評価し、資質向上に向けたカリキュラム編成とする。
2.学修方法・学修過程
    • 「食物栄養ゼミ」は卒業必修科目として位置づけ、問題発見、論理的思考、課題解決の能力を育成する。
3.学修成果の評価
    • 成績評価にあたっては、シラバスに明示した各科目の到達目標、評価項目および評価基準にもとづき、各科目に適した評価方法を用いて公正かつ総合的に行います。

アドミッションポリシー(入学者受け入れ方針)

基本方針

 食物栄養学科では、ディプロマポリシー及びカリキュラムポリシーに示す内容を達成するために、以下に示す学生像を求め、入試選抜・入学前教育を実施します。


1.求める学生像
    • 専門教育科目を学ぶ基礎学力を身につけている人。
    • 食や健康に興味があり、栄養士免許取得を目指している人。
    • 自分の食生活を大切にし、将来に向けた健康づくりが実践できる人。
    • 栄養士として、地域の人々の健康に貢献したいと思っている人。
2.入試選抜

 本学科で求める学生像を、推薦入試、AO型入試およびAO型社会人入試においては面接と書類審査、一般入試では学力試験と面接、書類審査において確認します。



3.入学前教育

 大学教育を受けるのに必要な基礎的能力の向上のため、入学予定者に課題を与え、その提出を求めます。または入学までに学習しておくべき内容を提示します。