3つのポリシー(教育方針)

アドミッションポリシー(入学者受け入れ方針)

食物栄養学科では次のような人を求めています。

 

  1. 食べること、健康に興味がある人
  2. 料理が好きな人
  3. 食と通して、人と人とのつながりを大切にする人
  4. 栄養士として、社会に貢献したいという熱意のある人
  5. 専門教育科目を学ぶ基礎学力を身につけている人

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

食物栄養学科では到達目標を実現するために、次の方針のもとに教育課程を編成し、きめ細やかな履修・学修指導を行っています。

 

  1. 講義、実験・実習、演習など多様な専門科目を、「理論」に結びついた「実践」という基本的教育方針の下、実務教育に重点を置いた科目構成で体系的に授業を展開する。
  2. 実験・実習科目では、グループ単位の少人数教育・指導・支援体制を強化し、学生一人一人の学習理解を高め、応用力を付加させ、学習意欲の継続・向上を促す。
  3. 健康のあり方を「栄養」と「食」の視点から学習し、栄養士として必要な専門知識と技術を基礎から指導する。
  4. 学内外の他組織・機関との連携による体験型学習を通じて、その活動経験が豊かな人間性を育てる。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

食物栄養学科では、卒業までに身につけることとして以下に挙げることを求めます。所定の単位を修めた学生は卒業が認定され、短期大学士(食物栄養)の学位が授与されます。

 

  1. 栄養士として必要な基礎知識と技術、および大量調理に対応できる調理技術と応用力を習得している。
  2. 食品の栄養成分特性を知り、消化吸収を高める調理加工特性を習得している。
  3. 栄養学の知識・理論に基づく食事計画および食事提供ができる。

  4. 食の視点から、ライフステージや身体状況に応じた健康づくり支援ができるようになる。
  5. 「食と健康」の専門家として、地域や福祉・医療・食品産業などの組織の中で、周囲と連携・協力して仕事を進めることができる。