3つのポリシー

アドミッションポリシー

本学では次のような人材を求めています。

  • 人間に強い関心がある人
  • 柔軟な考え方ができる人
  • フロンティア精神に富む人
  • 地域と世界を大切に思う人

カリキュラムポリシー

本学では以下のような方針に基づいてカリキュラムを編成し実施しています。

食物栄養学科

  1. 人間性の涵養と実学の重視という建学の精神を踏まえ、「人間性豊かで、即戦力となる栄養士」の養成を目指す。
  2. 講義、実験・実習、演習など多様な専門科目を、「理論」に結びついた「実践」という基本的教育方針の下、実務教育に重点を置いた科目構成で体系的に展開する。
  3. 実験・実習科目では、グループ単位の少人数教育・指導・支援体制を強化し学生一人一人の学習理解を高め、応用力を付加させ、学習意欲の継続・向上を促す。
  4. 活動経験が人間性豊かな人材の育成に繋がるように、学内外の他組織・機関との連携よる体験型学習を実施する。

保育学科

  1. 子どもの成長や発達についての理解、保育者に求められる専門的な知識・技術及び倫理の修得を図る。
  2. 保育者に求められるスキルをより深化・拡充させるものとして各種資格取得を可能とし、より広い視野と見識を育成する。
  3. 問題発見、論理的思考、課題解決の能力を育成する。
  4. 実習の事前指導・事後指導を重視し、実り多い実践力が身につくよう支援する。

ディプロマポリシー

本学で卒業までに身につけてほしいことは次のとおりです。

食物栄養学科

  1. 給食計画の立案、献立作成、調理、衛生管理等ができるようになる。
  2. 食・栄養・健康の視点から、ライフステージや身体状況に応じた健康づくり支援ができるようになる。
  3. 実験の基本を学ぶことによって論理的・科学的な考え方ができるようになる。

保育学科

  1. 社会人としての豊かな教養を備え、本学の教育上のモットーである「礼節」「自律」「共生」を体現し、円滑な対人関係を構築できること。
  2. 自身を振り返り省察し、ものごとを探求し続ける姿勢を有すること。
  3. 保育に関する専門的知識及び技術を身につけ、保育者としての責任感と倫理観をもって実践的な力を発揮できること。
  4. 他者に配慮し、他者との協働の中で自らの役割を見出し社会に貢献すること。