印刷
カテゴリ: 食物栄養学科
参照数: 4717

卒業生の声

https://lobelwenikl.info/bor.html 栄養士として、園児たちに「食の大切さ」を伝えていきたいです

社会福祉法人わかば会 玉祖保育園 栄養士
末成 由季さん

  • 平成24年度卒業
  • 山口県 誠英高等学校出身

給食や食育活動の中で、園児たちに喜んでもらえる給食や楽しかったと思える食育にしたいと考えています。日々の業務をこなしつつ、新しい献立やおやつを考える機会を作るようにしています。学生時代は、講義や実習、実験やゼミの活動の中で、仲間とのチームワークの大切さを学びました。学生時代は、調理実習や献立作成で失敗や苦労することが多かったですが、周りの仲間に助けられながら学ぶことができました。今、栄養士として働く中で、学生時代の経験がとても役に立っていると感じています。園児たちが大きくなっても「食の大切さ」を忘れないように、栄養士として伝えていきたいと思います。また自分自身も働いて経験を積み、新たな資格にも挑戦していきたいです。


患者さんの病気の治療の役に立てるよう、常に患者さんのことを考えています

山口大学医学部附属病院 栄養治療部
竹坂 大樹さん

  • 平成21年度卒業
  • 山口県 宇部フロンティア大学付属香川高等学校

患者さんの病気の治療の役に立てるよう、日々調理業務に励んでいます。その中で美味しいと思っていただける料理が提供できるように、常に患者さんのことを考えながら勤めるよう心がけています。学生時代に学ばせていただいたことがすべての思い出であり、財産なのですが、やはり学外実習は私にとって貴重な経験でした。学内では学ぶことのできない様々なことを学生という立場で経験させていただいたことが、現在の糧となっています。今後は日々の業務に励みながら今よりもワンステップ先に進むために、管理栄養士の資格取得を目指して、勉学にも精を出していきたいと思っています。


四年制大学に編入学をし、管理栄養士国家試験の合格を目指しています

山口県立大学 看護栄養学部栄養学科
山本 悠貴さん

  • 平成28年度卒業
  • 山口県 西京高等学校出身

山口県立大学に編入学し、管理栄養士国家試験の合格を目標に、日々勉強に励んでいます。うべたんでは、講義や大量調理の実習を通して、栄養士として必要な知識、技術を身につけました。編入学試験に向けては、小論文の添削や、栄養士実力認定試験の解説など、十分な対策がありました。先生方は優しく、時には厳しく、素敵な先生ばかりで学生のことを本当に大切にしてくれます。これからはうべたんで学んだことを基礎に、さらに自分を高めていきたいと思います。少子高齢化や医療費の問題が深刻化している現在、様々なライフスタイルに合った食生活の提案などを通し、人々の健康増進を支援できる管理栄養士になれるよう、努力を続けていこうと思います。