2月14日(水)に、学生ホールにて「食物栄養ゼミ発表会」を開催しました。食物栄養学科の2年生が、1年間かけてまとめた研究(12演題)を発表しました。

 2年生は、緊張しながらも教員や下級生等を前に、1年間取り組んできた研究成果をしっかりと発表していました。質疑応答も活発に行われ、充実した発表会となりました。

 また、発表会終了後のポスターセッションでは、質疑応答で聞けなかったこと等を聞いていました。

 

 

 

 

 

 

2/15(木)「2018県内進学・仕事魅力発信フェアinやまぐち」に参加しました。

 

宇部フロンティア大学 看護学科・福祉心理学科、

宇部フロンティア大学短期大学部 保育学科・食物栄養学科

の体験ブースにはたくさんの高校生が遊びに来てくれました。

 

お越しくださったみなさま、本当にありがとうございました。

 

 

 

  

 

3/24(土)には大学、短大ともにオープンキャンパスが開催されます。

ぜひ遊びに来てくださいね。

1年生の給食管理学実習で、2回目の給食提供を行いました。

1回目のプレ実習と条件は一緒ですが、2回目となると食数の増加、主食量の選択を取り入れるなど難易度がアップしてきます。

メニューは12月ということで、クリスマスカラーや星型を取り入れる、デザートを充実させるなどクリスマスを意識した食事内容になります。

それでは、3グループが実施したクリスマスメニューを紹介します。

 

1班 12月5日実習

ごはん、鮭のホイル焼き、トマトドレッシングサラダ、ほうれん草のミルクスープ、さつま芋豆乳ムース

 

2班 12月12日実習

ごはん、ハンバーグ、野菜サラダ、白菜スープ、ヨーグルトゼリー・クリスマス仕立て

 

3班 12月19日実習

ごはん、豆腐グラタン、コロコロサラダ、コンソメスープ、ガトーショコラ

 

2年間の学びの集大成である、総合演習発表会を行いました。
学生は、保育に関することで自分が興味関心の持てるテーマを探すことから始め、各自が決めたテーマについて調べ・まとめ・発表することが求められます。発表会での発表形式は、調査研究・展示・演示と様々です。各分野のご専門の先生方を外部からお招きし講評をいただき、運営は1年生が担当し、学科全員で取り組む一大イベントでした。
発表を終えた2年生は、感極まりお互いに抱き合い涙する場面も見られました。

フードコーディネート演習で、簡単クリスマスデザートのコンテストを行いました。

デザートは、手軽に作ることができる(市販品の応用可)というコンセプトの下、受講生21名がオリジナリティー豊かなデザートを考案し製作しました。デザート名も考えます。

そして、簡便さ、アイデア、演出・外観、おいしさや量など5項目について評価し合い、優秀作品を決定します。

 

上位3位の作品

     切り株ケーキ        クリスマスツリーのカップケーキ       主役はスノーマン

 

話題性があった作品

 

   アニバーサリー・クリスマス    あわてんぼうのサンタクロース      アールグレイ・マドレーヌ レモンソース添え   

 

全体の様子と試食タイム