資格

食物栄養学科で取得できる資格

栄養士
栄養士養成施設のみで取得できる国家資格。厚生労働省が定めた所定の単位を取得し申請することで、卒業と同時に栄養士免許が授与されます。食事を通して人々の健康や命を支える仕事です。
フードスペシャリスト
日本フードスペシャリスト協会が認定する資格で、指定科目を履修し認定試験に合格することで取得できます。生活者・消費者 の視点から取り組む“食産業分野の専門家”で、食品に関する幅広い知識を見に漬けることで、卒業後の活躍の場が広がります。
フードコーディネーター3級(山口県内では本学でのみ取得可能)
日本フードコーディネーター協会が認定する資格で、指定の科目を履修することで取得できます(本学で学ぶことで、協会認定試験は免除されます)。食文化、デザイン、経営、科学などを総合的に学ぶことで、食に関わる事柄を総合的にプロデュースする資格です。

進路状況

あらゆる人々が健康で豊かな生涯を送るために「食」のプロフェッショナルとして貢献していく 

人生のスタートである乳幼児期から始まり、成人や高齢者、あるいはスポーツマンまで 個人個人に応じた適正な栄養補給の知識と技術を学びます。

就職・進学支援システム

あなたとの夢をしっかりと応援する学科独自のサポート体制

 

 食物栄養学科ではマナー講座を始め、職業理解のための講話などで就職活動について学科独自の就職支援体制をとっています。職業理解のために、様々な職場で活躍している卒業生を招いて業務内容の紹介や仕事に対する姿勢などについて話をしてもらい、進路決定の指針となるように、また就職活動の方法と実際を理解するために、2年生の就職活動報告会を開催し、後輩の就職活動が円滑に進むよう助言してもらっています。その結果、就職希望者が毎年100%近く内定していることは、本学科の誇りとするところです。 進学については、個別に学生の進路希望にそった受験指導など、きめ細やかな指導を行なっています。

就職実績(平成27~29年度)

病院関係
阿知須共立病院、済生会山口総合病院、徳山中央病院、山口赤十字病院、山口大学医学部附属病院  他
老人福祉施設
ケアタウンフクシア紫苑、恵光苑、恵寿苑、恒和会、寿光園、清光苑、白松苑、豊寿会、みどり園、むべの里、山口向陽会、ライフケア高砂 他
保育園(所)・幼稚園
大海保育園、勝山保育園、木の実保育園、慈光幼稚園、真珠保育園、聖母園、第二波木保育園、藤山保育園、法泉寺保育園、右田保育園、牟礼保育園、吉則保育園、和光保育園 他
給食会社
栄食メディックス(株)、エームサービスジャパン(株)、NECライベックス、シダックス(株)、ジャパンフード(株)、(株)ナリコマエンタープライズ、西日本医療サービス(株)、日清医療食品(株)中国支社、(株)日米クック、(株)レナール 他
食品・製造関係
MCエフディーフーズ(株)、(株)ジー・テイスト、松月堂製パン(株)、(株)豆子郎、日本果実工業(株)、林兼産業(株) 他
一般企業
(有)宇部分析センター、コダマ健康食品(株)、山陽小野田市立須恵小学校、(株)ジー・テイスト、たかい歯科・矯正クリニック、(株)CHAYAマクロビフーズ、日本郵便株式会社山口中央郵便局、(株)平和医療器械、防衛省陸上自衛隊、(株)明防、山口宇部農業協同組合、山口県立宇部総合支援学校、山口市(給食関係)、山口日産自動車(株) 他

主な進学先(平成27年~29年度)

赤堀製菓専門学校、九州栄養福祉大学、くらしき作陽大学、東京未来大学、山口県立大学、YICビューティーモード専門学校 他

学生の声

栄養士・フードコーディネーター・フードスペシャリストの免許・資格取得のため勉強を頑張っています

食物栄養学科
岩本 望玖さん

  • 山口県厚狭高等学校出身

2年間で栄養士の資格を含め、3つの資格の取得ができるという点が一番の入学の決め手となりました。2年間で取得できる資格は自分の強みになりますし、インターンシップや特別講師の授業など栄養士以外の仕事に関わる事のできるチャンスもあるので、卒業までにたくさんの経験をして将来の夢に向かって頑張っています。また、よさこいサークルに入り、様々な演舞に出演することで人との繋がりが増え、毎日がとても充実しています。


栄養満点で健康的な美味しい献立を考案できる栄養士を目指して頑張っています

食物栄養学科
中野 由結さん

  • 山口県宇部フロンティア大学付属香川高等学校

高校では調理師免許を取得したので、ダブルライセンスを目指して栄養士の免許取得のできるうべたんに入学しました。

入学してからは、栄養豊富で健康的な美味しい献立を考案できる栄養士になることを目指して、日々頑張っています。

レポートを提出期限に間に合わせることは大変ですが、空きコマや休みの日に友達と一緒に遊べるので、楽しい毎日を送っています。

卒業生の声

栄養士として、園児たちに「食の大切さ」を伝えていきたいです

社会福祉法人わかば会 玉祖保育園 栄養士
末成 由季さん

  • 平成24年度卒業
  • 山口県 誠英高等学校出身

給食や食育活動の中で、園児たちに喜んでもらえる給食や楽しかったと思える食育にしたいと考えています。日々の業務をこなしつつ、新しい献立やおやつを考える機会を作るようにしています。学生時代は、講義や実習、実験やゼミの活動の中で、仲間とのチームワークの大切さを学びました。学生時代は、調理実習や献立作成で失敗や苦労することが多かったですが、周りの仲間に助けられながら学ぶことができました。今、栄養士として働く中で、学生時代の経験がとても役に立っていると感じています。園児たちが大きくなっても「食の大切さ」を忘れないように、栄養士として伝えていきたいと思います。また自分自身も働いて経験を積み、新たな資格にも挑戦していきたいです。


患者さんの病気の治療の役に立てるよう、常に患者さんのことを考えています

山口大学医学部附属病院 栄養治療部
竹坂 大樹さん

  • 平成21年度卒業
  • 山口県 宇部フロンティア大学付属香川高等学校

患者さんの病気の治療の役に立てるよう、日々調理業務に励んでいます。その中で美味しいと思っていただける料理が提供できるように、常に患者さんのことを考えながら勤めるよう心がけています。学生時代に学ばせていただいたことがすべての思い出であり、財産なのですが、やはり学外実習は私にとって貴重な経験でした。学内では学ぶことのできない様々なことを学生という立場で経験させていただいたことが、現在の糧となっています。今後は日々の業務に励みながら今よりもワンステップ先に進むために、管理栄養士の資格取得を目指して、勉学にも精を出していきたいと思っています。


四年制大学に編入学をし、管理栄養士国家試験の合格を目指しています

山口県立大学 看護栄養学部栄養学科
山本 悠貴さん

  • 平成28年度卒業
  • 山口県 西京高等学校出身

山口県立大学に編入学し、管理栄養士国家試験の合格を目標に、日々勉強に励んでいます。うべたんでは、講義や大量調理の実習を通して、栄養士として必要な知識、技術を身につけました。編入学試験に向けては、小論文の添削や、栄養士実力認定試験の解説など、十分な対策がありました。先生方は優しく、時には厳しく、素敵な先生ばかりで学生のことを本当に大切にしてくれます。これからはうべたんで学んだことを基礎に、さらに自分を高めていきたいと思います。少子高齢化や医療費の問題が深刻化している現在、様々なライフスタイルに合った食生活の提案などを通し、人々の健康増進を支援できる管理栄養士になれるよう、努力を続けていこうと思います。

3つのポリシー(教育方針)

平成29年3月2日策定  平成29年4月1日施行

 

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

基本方針

 食物栄養学科では、「人間性の涵養と実学の重視」という建学の精神に基づき、「礼節」「自律」「共生」を旨として自身を厳しく律しながら、栄養と食の視点から、専門資格の深い知識と技能を、相手の側に立って活用し、考え、行動できる人材を育成します。


1.知識・理解
    • 人の生の営みが自然の恩恵の上に成り立っていることを理解し、自分以外の他者や自然に対して、感謝の気持ちを持つことができる。
    • 栄養士として必要な「社会生活と健康」、「人体の構造と機能」、「食品と衛生」、「栄養と健康」、「栄養の指導」、「給食の運営」に関する専門教育科目の知識と技能が身についている。
    • 食品の栄養成分や調理特性、機能性や安全性など食品に関する幅広い知識と技能が身についている。
2.汎用的技能
    • 栄養士として働くにあたって必要な技能と応用力(献立作成、調理及び給食管理など)が身についている。
    • 対象者のライフステージや身体状況に応じた健康づくり支援をすることができる。
    • 食品の流通や安全性、並びに食品成分の栄養特性や機能性などの食品に関連する基本的実験技能が身についている。
3.態度・志向性
    • 人と積極的にコミュニケーションを図り、協力して作業に取組み、計画を進めることができる。
    • 食の専門家であり続けるために、生涯にわたって新しい知識と技能を身につけながら、自己の資質向上に努めることができる。
4.統合的な学習経験と創造的思考力
    • 幅広い専門教育科目を学習することによって得た知識や技能を基に、主体的な研究活動やフィールド調査に取り組み、その結果をまとめることができる。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

基本方針

 食物栄養学科では、ディプロマポリシーに掲げる能力を身につけるため、次の方針の下に教育課程を編成し、きめ細やかな履修・学修指導を行います。


1.教育課程の編成
    • 初年次教育を重視し、1年次を中心に、豊かな人間性を養う礎となる、キャリア、健康スポーツ、外国語など幅広い分野にわたる教養教育科目を設ける。
    • 1年次の教養教育必修科目に「大学入門」、「キャリアデザイン」を開講して、大学での学習方法、社会人基礎力、職業意識の形成や就職活動の方法について修得させる。
    • 栄養士法施行規則に定められている教育内容と単位数を満たす科目に加え、食の専門家として必要な最新の知見と技能を養うための体系的なカリキュラム編成とする。
    • 栄養士としての実践力、社会人としての社会力を養うために、学外活動等で地域や学外他組織との連携を図り、知識と技能を身につけることのできる実学を重視したカキュラム編成とする。
    • 専門教育の理解、学習成果については、全国栄養士養成施設協会「栄養士実力認定試験」の評価結果により、栄養士として必要な知識・技能を段階評価し、資質向上に向けたカリキュラム編成とする。
2.学修方法・学修過程
    • 「食物栄養ゼミ」は卒業必修科目として位置づけ、問題発見、論理的思考、課題解決の能力を育成する。
3.学修成果の評価
    • 成績評価にあたっては、シラバスに明示した各科目の到達目標、評価項目および評価基準にもとづき、各科目に適した評価方法を用いて公正かつ総合的に行います。

アドミッションポリシー(入学者受け入れ方針)

基本方針

 食物栄養学科では、ディプロマポリシー及びカリキュラムポリシーに示す内容を達成するために、以下に示す学生像を求め、入試選抜・入学前教育を実施します。


1.求める学生像
    • 専門教育科目を学ぶ基礎学力を身につけている人。
    • 食や健康に興味があり、栄養士免許取得を目指している人。
    • 自分の食生活を大切にし、将来に向けた健康づくりが実践できる人。
    • 栄養士として、地域の人々の健康に貢献したいと思っている人。
2.入試選抜

 本学科で求める学生像を、推薦入試、AO型入試およびAO型社会人入試においては面接と書類審査、一般入試では学力試験と面接、書類審査において確認します。



3.入学前教育

 大学教育を受けるのに必要な基礎的能力の向上のため、入学予定者に課題を与え、その提出を求めます。または入学までに学習しておくべき内容を提示します。