2年生給食実務実習のなかで、2回目の給食実習を行いました。

給食は計画性の他に、大量調理であること、食事は喫食者に提供する点が特徴です。

大量調理では専用の機器(回転釜、洗米機、立体炊飯器、スチコン:スチームコンベクションオーブン等)を用い、器具や食器の消毒など衛生面に配慮した調理作業を行います。

食事提供はカウンターを通して行い、喫食者は食事受け取ると食堂にて食べ、最後は下膳コーナーまで運ぶというセルフサービスで利用します。これも、給食の特徴です。

 

■主菜材料が卵類のメニューです。

 主食+主菜:そぼろどんぶり

 (卵そぼろ、おから入り鶏そぼろ)

 副菜:ごま酢和え

 汁物:かぼちゃの和風スープ

 デザート:カルピスフルーツポンチ

 

ご飯と2種類のそぼろを一緒に食べる丼メニューです。和え物はレタスを添えてサラダ風盛付けにし、汁物はかぼちゃを使い野菜料理に仕上げました。

 

■実習室の様子1:スチコンを使ってゆで野菜、卵そぼろ・鶏そぼろの調理をします。

 

■実習室の様子2:カウンターサービス、食事の風景、卓上ポップと花

 

■当日配布したリーフレットです。