周南市との官学連携に関する協定書の調印式について(2014.08.07)
8月4日(月)に周南市戸田の「道の駅ソレーネ周南」で周南市 木村市長と本学相原学長との間で6次産業化と地産地消を推進するために官学連携協定書の調印式がありました。本学の相原次男学長は、「市と大学が協力して、食育・食文化の活性化に向けて頑張りたい。」と抱負を語られました。
今後は、6次産業化に取り組む農林漁業者に対する支援、周南市で生産された農林水産物を利用した加工品等の開発、支援、技術等課題に取り組む予定です。